東京音頭改革

古田ヤクルト『東京音頭』改革というサンスポの記事にスワローズブロガーの皆さんはだいたい非難囂々のようですね.
そんな中あえて言いますと

大胆な改革,私は賛成です!

本当は我々ファンの方から応援改革を言い出さなければいけないんです!


偉大なる岡田団長の遺産だから大事にしなければならないという考えはわかります.
応援スタイルは球団に押し付けられるものではない,というのもそのとおりです.
でもね,本当に今のままで良いんですか?本当に,今のような中途半端にアップテンポな東京音頭で,傘を振り回す応援スタイルで,ライトスタンドが満員になるんですか?
ZEEBRAが必ずしも良いとは言い切れないでしょう.言い切れはしないがZEEBRAが鳴ってるのにいきなり「さあ東京音頭で盛り上がりましょ〜」がいいはずがない.ましてやZEEBRAを無視してラッパを鳴り響かせる応援はありえない.
旧態依然の応援スタイルも限界に来てます.私はアメリカみたいな観戦スタイルが直ちに良いとも言わないし,マリーンズのスタイルをまねすれば良いとも思いませんが,応援の方法も見直すときに来ていると考えます.

追記
大事なことを書き忘れましたので追記します.
元々のこの記事は多分間違いなく飛ばし記事でしょう.だからこんな記事に一喜一憂する必要はないんですけどね.
[PR]
by v_swallows_v | 2005-11-09 20:29 | Swallows
<< 古田監督東京音頭改革を否定 唖然 >>